新着情報

「かがわコロナお知らせシステム」の活用について

お知らせ

 香川県では、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、LINEアプリを活用し、利用者に訪問する施設やイベント等でQRコードを読み込んでもらうことで、その人の訪問履歴を蓄積し、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、当該感染者が訪問した施設やイベント等に同日訪問した人に対して、感染者との接触の可能性をお知らせする「かがわコロナお知らせシステム」を導入しています。

 (詳細については、こちら↓をご覧ください。)

別添2 かがわコロナお知らせシステム説明資料.pdf

 高松市の施設においても、「かがわコロナお知らせシステム」を導入することとなり、太田南コミュニティセンター玄関にもQRコードを掲示しておりますので、「かがわコロナお知らせシステム」をぜひご活用ください。

高松市太田南コミセンQRコード_s.pdf

■「かがわコロナお知らせシステム」利用方法
① 利用者(LINEアプリをインストールしている人)は、コミセンを訪れた際、スマートフォンのカメラ又は LINEでQRコードチラシに表示されているQRコードを読み取る。
② 香川県LINE公式アカウントと友だちではない場合は、友だち追加を促す画面が表示されるので、「追加」する。
③ 読み取り完了。

■新型コロナウイルス感染者が発生した場合
 感染者と同日に、QRコードを読み取ってコミュニティセンターを利用していた人に対して、感染者が同日に利用していたことのお知らせと、相談窓口のご案内を記載したメッセージが送られてきます。

■香川県ホームページ(「かがわコロナお知らせシステム」の導入について)
https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir1/dir1_6/dir1_6_2/kagawalineoshirase.shtml