活動記録

太田南青年会シークレット花火

ふれあい・交流部会

令和2年11月3日文化の日。太田南で初めての花火が、道池(通称:太田池)で打ち上げられました。

太田南青年会という"地域の若い世代"が力を結集し、新型コロナウイルス感染症の早期収束祈願と、地域を元気づけるために企画しました。

題して「太田南青年会シークレット花火(わいわい・がやがやまつり代替事業)」です。

秋の澄んだ夜空に打ち上げられた花火は、医療関係者への励ましの意味も込めた119発。

コロナ禍で密集を避けるために、地域全体に広くお知らせはできませんでしたが「今できる事」に力を尽くし打ち上げられました。

水上から打ち上げられた花火は、街の光を背景に夜空に色とりどりの花を咲かせ、幻想的な光で包まれました。

地域の方からは「花火よかったよ!」と喜びの声が寄せられました。

hanabi_1.jpg

▲写真:フォトグラファー 宮脇 慎太郎さん

▼花火準備の様子。

hanabi_4.jpg

道池の水面に花火を乗せた「台船」を浮かべ、打ち上げ場所までロープとボートで引っ張って移動。

hanabi_5.jpg

風の方向を読み、位置を固定。

1604467878643.jpg