活動記録

ストップ!食品ロス STEP3「南部クリーンセンター見学」

人・文化育成部会

1月7日(月)人と文化を育むまちづくり事業「ストップ!食品ロス」のSTEP3として、"食品ロスのその先・・・ごみ処理施設の見学から食品ロスを考えよう"と題し、塩江町の「南部クリーンセンター」に見学に行きました。ステップ1から事業協力いただいている、太田南地区衛生組合協議会員も含め、37名の参加がありました。

DSC_4521.JPG

まずは、施設の紹介とごみ分別の大切さをビデオを視聴して学習。

IMG_2243.JPG

その後、2班に分かれて、施設見学と「紙漉き(リサイクル体験)」をしました。

CIMG9387.JPG

この日は、年明け最初の「可燃ごみ」の日。次々に収集車がごみをプラットホームから搬入する様子を見て、その量に一同驚愕。

DSC_4547.JPG

ごみの量を減らすポイントは「ごみにしない努力(無駄を削減)、コンパクトにする、乾燥させる(水気を切る)」

リサイクル原料となる「プラスチック包装容器ごみ」は『異物』と呼ばれる原料以外の物や汚れたものを取り除くため、ベルトコンベア上で人の手によって作業されています。

「袋の中に入っている袋」の中身を一つ一つカッターで割いて確認する様子をカメラで見て、家庭での分別を振り返り、徹底した分別の重要性を実感しました。

IMG_2245.JPG

DSC_4526.JPG

DSC_4531.JPG

DSC_4534.JPG

細かく粉砕した色紙を水と併せてミキサーにかけた材料を使って行う紙すき体験は、意外にあっという間に出来上がり。

今回の施設見学を通して、自分たちが排出したごみの「その先」を目の当たりにした参加者は、身近な問題として捉え、日々の暮らしを振り返るよい機会となったようです。

クリーンセンター見学の後は、環境学習の一環として建設中の椛川ダム工事現場の見学に行きました。

DSC_4559.JPG

CIMG9395.JPG

大がかりな工事現場にみんなびっくり!

IMG_2256.JPG

工事現場を背景に撮影できるフレームが、インフォメーションセンターの駐車場にあります。

「工事の進み具合を、また見に来ます!」